FORD MUSTANG 2010〜2015 Model を使って、”USAF仕様” Ford Mustang GT U.S. Air Force Thunderbirds Edition とか 2012 Ford Mustang GT Blue Angels Edition を作ってみたいと思っています。

Thunderbirds Edition

サンダーバーズ(Thunderbirds)は、アメリカ合衆国空軍に所属するアクロバット(エアロバティック/曲技飛行)チームで、正式な部隊名はThe United States Air Force Air Demonstration Squadronである。

アメリカ空軍の非公式な曲技飛行チームであったスカイブレーサーズ(Skyblazers)を発展解消させたものとして1953年6月1日に発足した。現在の本拠地はラスベガス・ネリス空軍基地(アメリカ合衆国ネバダ州)である。2008年10月運用中の航空機はF-16、白、青、赤のトリコロール配色と機体下部に描かれたフェニックスのペイントが特徴で、アメリカンスタイルと呼ばれる6機編隊でのアクロバット飛行を行う。

旧来よりアメリカ海軍のアクロバット飛行チームブルーエンジェルスとライバル関係にあり、共に世界で高レベルのアクロバット飛行技量を誇る。
近年ではF-16を使用して、ぎりぎりまで2機を近づける飛行が多く披露されている。飛行中の両機間の距離は世界最短となり、ネバダ州で披露したこの飛行はギネスブックに登録された。

スライドショーには JavaScript が必要です。

Amazon アメリカレベル 1/25 2014 マスタング GT シルバー

製作にあたっては、この車両をベース車両としたいと思いますが、FORD MUSTANG 2007〜2015年モデルの模型(プラモデル)があまり日本に入って来ていませんので、ヤフオクや Amazon で見つけることが困難になっていますので、在庫(出品)がある時に購入(落札)しておくのが正解かもしれません。

“フロントのスポイラー”は模型にはありませんので、プラ板で作ることにします、それに”リアのフェンダー”と”リアスポイラー”は形状が明らかに違いますので、改めて製作しなければなりません。(これは”Blue Angels Edition”にも言えることですね。)細かなデカール(機体番号や国旗など)は以前作った飛行機モデル”TAMIYA F-16C Fighting Falcons”の「部品請求」でデカールを取り寄せたいと考えています。 … 安ければ良いのですがね !!

このように次は何をどう作るか試行錯誤、創意工夫をしている時が作っている時よりも楽しいのかもしれません。出来はどうあれ、自分が「満足いくものができた時」が”何より満足感があって良いもの”ですね。

Blue Angels Edition

このブルー・エンジェル仕様の「青」がなんとも言えない良い色ですので。自動車の”車体色”にしてみたい気持ちもありますね。車体色に使われてる色は実際のブルーエンジェル”ブルー”ではなさそうですね。早速、ネットで調べてみることにしましょう。