1月の中頃には日本へ帰ると言っておりましたが、予定通り日本へ帰るのならば、今日あたりには帰国便を「セブパシフィック航空」で、予約しなければなりません。* 私は”病気と相談しながら …”いつも1週間くらい前に、チケットを購入している。(痛み、発熱があったらすぐに帰りたいからである。)土曜日は呑ん気あたりで食事、日曜日にはSM、S&R で食材・日用品の買い物でもすることになるだろう。

そして、私にはあまり関係がございませんが、20日(日)はセブ島最大のお祭り Sinulog(シヌログ)ですね。毎年のように家人は混雑する市内へと出かけて行きますが、私は自宅でテレビ鑑賞 … パレードの様子は随時テレビでも中継してますからね。パレードが終わるとアヤラあたりで花火が上がっていましたが、花火嫌いで有名な大統領 … どんな”御触れ”を出すことでしょうかね ?!?

シヌログサントニーニョ祭(英語: Sinulog-Santo Niño Festival)は、フィリピンのセブ市で毎年1月の第3日曜日に開催される、カトリック教の祭礼。

この祭りは、フィリピンで最も人気のある祭りであり、毎年100~200万人の人々が全世界から訪れる。宗教上の催しだけでなく、祭りの最終日と前日の夜に行われるパレードもまた有名で、オスメニアサークル周辺は、毎年祭りを祝う若者で活気付く。

そんなことで、嫁と道楽親父の帰国は20日過ぎということに、なってしまうのでした。* これでも「早く帰らなければならないな〜あ。」とは思っているのですよ。

それでもいつ迄もセブ島に留まる訳にはいきませんので、1月の最終週には日本へ帰りたいと思います。その頃になっても、まだまだ、日本は寒いだろうな〜あ ?!?(温度差 … セブ島の朝は30度、成田では5度 … 「温度差25度」何ってことも十分あり得ますね。)

Sinulog(シヌログ) での注意点

    1. 所持品管理

貴重品の管理をしっかりする … フィリピン中のスリ・搔っ払いがセブ島に大挙してやってきます。レストランや混雑の中では十分注意しましょう。

    1. 争いごとを避ける

ここはフィリピン、外国ですから無用なトラブルは避けることが懸命です。

    1. タクシーは捕まらない

道路閉鎖、交通渋滞は激しくなりますので、日中は市内中心部では、タクシーは走っていません。

    1. 道路・空港の混雑、情報の収集

帰国便の遅延状況(フライト情報)や道路状況(交通止め、渋滞情報)の情報は事前に収集しておきましょう。