今日も何もすることがないので、思うままにとりとめもなくブログを書いている道楽親父で御座います。

今夜もやって来ませんねえ … 親父の住んでいるところは、名前だけは「HOMES ホームズ」 … あまり小さな子供が駆け回ったり、騒いだりしないようで割と静かなほうなんですが、クリスマスのこの時期「●◉●・パスコ」何って言いながら、”キャロル”を歌い、楽器を奏でて少額を貰い歩く子供達がいたものなのですが、去年も今年も来ませんねえ〜 ?? この地域の役員たちが禁止したのか ? 地区のクリスマスのは寄付がたっぷりあるのか ? “集金”の姿はありません。

と言ってもクリスマス(イブ)までは何日かありますので、当日が近づけば少しはクリスマスの雰囲気が出てくるのかもしれません。家では子供も大人も私から貰うものを貰えばクリスマスはやって来たようなもので、じっと耐えて待っている様子が面白おかしく、まだ焦らして渡してません。私からのクリスマスプレゼントは前にも書いたように”現金” … 大人は5,000ペソ、子供(15歳以上)は3,000ペソと決めてあります。クリスマスとニューイヤーのパーティーのケーキや食事は私が用意する(各25,000ペソ)ので、お年玉は渡しません。

道楽親父の痩せた体は”ひとまわり”も”ふたまわり”も痩せてしまいます。