セブ島に戻って以来、あまり体調が優れませんでしたので「模型作りに精を出す。」と、いう訳にはいきませんでしたが、それでも一日中家に居ても何もすることがありませんでしたので、切り出してあった「シャシの部品」(1/24 5台分と4台のボディ)を”ぼちぼち”ヒケ消しと組み立っておりました。「面倒臭い」が先に立って、なかなかその先に進もうとしないのが最近の道楽親父である。模型作りもここまでくると(”じっくり”と”時間をかけて”楽しむように時間を潰すように作業をする。)、かなり熟練して来たのだなと思うのであります。

それにしても毎日が”すっごく暑い” … セブ島の自宅に戻ってきて以来、まだ雨は無い … 寝ている夜中のことは知りませんがね。毎日午前中にはエアコンを入れて、「快適生活」を送っているわけで、電気の支払いの際は泣きの支払い(きっと5,000〜7,000ペソくらいを負担しろと言われますよね。こりゃあ日本の電気料金よりもお高い金額になっちゃいますよね。)になるのですがね。

と、ブログに書きつつもエアコンのスイッチに”手が逝って”しまう ! それにしても今日も暑い一日になりそうだ。

フィリピンの電気料金は生活レベル(平均的収入)にしては高くありませんか ?!? 私は日本から来て居ますのであまり気にしませんが、一般的なフィリピン人家庭ではこの高い電気料金(電灯代は良いとしても、冷蔵庫、テレビ … 最近では昔と違ってどこの家にも電気を使うものはあるんですよね。)の負担は大変なことでしょう。ケーブルテレビ(3台分)、PLDT固定電話(インターネット)、毎日の食費(私からの援助は毎月20,000ペソ 40,000円強)、これに子供が居れば学費、酒飲みならば酒代、喫煙者ならばタバコ代 … フィリピン人は大変ですね。

それにしても目障りに奴らが … 嫁の兄 … とボーイの奴らだ(食うこととタレることしか頭の中に無い奴らだ ! )出っ張った腹を突き出し、端折ったTシャツを腹に乗っけて、踏ん反り返って偉そうに闊歩する … それを見るだけでも胸糞悪い ! 私の机のところからは台所の出入りが丸見え、テレビを見ていると外のテーブルが丸見え、嫌でもそんな光景(あの臭い”にんにく”を使った料理の匂いも)が目に入って来る。

今日は朝(8時頃)から嫁と妹親子、そのほかの兄弟家族が父親と母親が眠るリロアンの墓場へ割り勘でレンタカーを借り切って午前中の帰宅予定で出かけて行った。あまり長生きしないであろうと感じている道楽親父は「縁起を担いでいるわけじゃあ無いけれど」葬式と墓場へは行かないことにしているので、もう何年も嫁の両親には挨拶してない。たとえ挨拶などしても死んだ人には聞こえはしないだろうがね。(私はそういったものは”心の中”ですれば良いもので、態度で示すものじゃ無いと思っている。)

話は逸れちゃいましたが、私以外、家に誰も居なくなると”食後30分”であろうが、何かを作って食べ始める … そして30分後には糞をしている。冷蔵庫の扉が壊れるくらいに開閉作業を繰り返す … 本当にしょうがない大馬鹿だ ! こいつらは … 開閉作業をくり貸せば”冷却効果”が低下して冷蔵庫(コンプレッサー)に負担がかかり、でにを多量に消費し、不経済だということに気づかない。何年も前に詳しく説明したが、この”生活習慣病”は治らない。(馬鹿らしくて注意する気にもならない。でも、最近は嫁から言われているのであろう、電気はこまめに消すようになった。)

台所の電気が消えましたので、そろそろシャワーの時間だろうか ?!? はたまた、まだ調理作業は続くのだろうか ?!? 馬鹿のやることは予想がつきません。でも、道楽親父には関係のないことだから、「あなた方は何をなさっても良いのですよ 〜 !」

続きますねえ … 嫁が出かけて1時間半 … 台所の電気が消えません。「良いんです !」どうせ何もすることのない人たちなんですから、時間をかけてじっくりと … 食べるものが出来上がる前には”一風呂浴びて”スッキリしてから、”10時のお食事時間”です。

嫁たちが墓場から帰って来れば「明日から学校が始まるから、今夜は「呑ん気(マクタン店)」あたりで夕食が食べたい … 姪っ子たちは”天ぷら定食”が鉄板 ! 道楽親父は寿司があれば何でも良いのです !」妹親子3人と私たち夫婦、5人で夕食 … 私たちは酒を飲みませんので、”食事代だけ”で4,000ペソ(10,000円弱)の出費です。10,000円 … あんなプラモこんなプラモが、頭の中を駆け巡ります。

「ああ〜 夜が来るのが怖い ! 」 まあ、7月の初旬に日本へ戻れば、こう言ったことも次回のクリスマスまではないと思えば寂しい思いもするのですがね。

外がどんなだけ暑いか … 「” … 暑っい”です。」(塗装は止めた〜 !)