不肖 藁科豊(わらしなゆたか)の"お気楽隠居生活"を面白・可笑しく、そして悲しく・侘しく綴る BLOG をどうぞ …

MENU

SLR McLaren 722 Edition

本日は久しぶりにお天気も良く、朝から色々なことをして、今”ひとりコメダ珈琲”をしながらこのブログを書いている。
製作中のプラモの最終段階で使う「トップコート」をジョーシンに行ったまでは良かったのですが、プラモコーナーの陳列棚に素晴らしい出来の一台を見てしまったのですね。

「タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.317 メルセデス ベンツ SLR マクラーレン 722 エディション」

もしかしたら道楽親父にも出来るのではという、愚かな考えが頭をよぎり、モデルを探してしまった。「有った、有った!! … 買った ! 買った !!」

その帰り道 … 道楽親父は”まったり”と、”ひとりコメダ珈琲”をしています。「あ〜、良い天気だ !」

道楽親父の特技(衝動買い)の後、こんな午後もたまには良いもんだ。こんなスタイル … もしかしたら何時もかもしれない。でもセブ島で暮らしていたらこうはいかないだろうから、ひとり日本で暮らしている時の至極の楽しみとして良いだろう ?!?

「これで1週間が楽しく暮らせるのであれば安い買い物だ。と、自分に言い聞かせている自分が怖い。

ここで「開封の儀」のための写真撮影や商品説明の画像を撮るわけにはいきませんので、帰宅後に FAceBook でご紹介します。

“タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.317 メルセデス ベンツ SLR マクラーレン 722 エディション”

商品の説明

1/24スケールのプラスチックモデル組み立てキットです。完成時の全長195mm、全幅81mm。フロントスポイラーを装備した、ロングノーズ・ショートデッキの精悍なフォルムをリアルにモデル化。左右ドアは金属シャフトを使用して実車同様に開閉可能。ボンネットも開閉でき、完成後もV8エンジンを観察できます。トランクなどのエンブレムやミラー面はインレットマーク、722のロゴやメーターなどはスライドマークで再現。6ツインスポークホイールはつやありメッキパーツ。アンダーパネルは手にした時の重量感を演出するダイキャスト製。

開封の儀

タミヤ 1/24「メルセデス・ベンツ SLR マクラーレン」の製作記

サフ吹きの下準備

本来、車体色は”ガンメタリック”となっていますが、道楽親父は”ホワイト”で決めました。裏側は「黒」で吹き、サフは白の発色をよくするために”白サフ”を吹きます。
その下準備に”ヒケ消し”と”合わせ目”を調整しました。

パーツ切り出し

窓のマスキング、シャシのパーツを切り出し、サフができる状態にしました。エンジン、サス、下回りはサフなしで直接塗装します。
黒(セミグロス、つや消し、ピュア)、銀(ダーク、メタル、ガンメタ、メッキシルバー)、赤(ピュア)の塗り分けです。

ボディサフ吹き … 1回目

タミヤさんの”素晴らしいモデル素地”で、サフ吹きが、まるで本塗装の1回目をしたように綺麗です。こう言った作りやすいモデルは、”技量が伴わない道楽親父”には実に有り難いモデルですね !!

足回り、室内の細かな塗装の準備 …

まだ多くのマスキングや無理分けの検討をしなくてはなりません。
組み立て説明書の”指示”は。あくまで車体色の”ガンメタ”が基本になっていますので、それなりに考えなければなりません。
例えば、室内のダッシュボードの塗り分けでは、左右シート、ダッシュボードのグローボックス、ドア内張の一部などは「赤系」で塗装するつもりです。

エンジンの塗り分け参考画像

迷っているんです … 決めたはずのボディ色 白? 橙 ? 小豆色 ?

正直 … 疲れました !!

部品は行方不明になるは、色つけを間違えるは、色つけを忘れたり … 今日は散々な1日でした。それでも何とか7〜8割りくらいは出来たでしょうか ?!? 塗装のはみ出した部分の修正(補正)、ボディの磨きもしていませんし、デカールの何も張っていません。

この車の「肝」であるところの、フロンントのシルバーアローの造作は未だ手付かず、ドアのヒンジやボンネットのヒンジなど取り付けていませんので、最終組み立てで合わせがちゃんとできて開閉をするかどうか分かりません。

ちゃんと稼働しなければさせるだけですから、その時はその時で対処します。

組んでからトップコートを吹こうか ? トップコートを吹いてから組もうか ? 🤔🤔
悩むところです !!
ボディはセラミックコンパウンド、コーティングポリマーまで終了しました。
“艶々 … だ〜あ !”😝😃😄

ガルウィング ? の開閉

期待してた通り、ドアの合わせが上手くいきませんでした。ドアのうちがを削ったり、窓枠を削ったり、なんとか見られるようになりました。

結果、コーティングポリマーまでした塗装を傷つけてしまい、ドアと屋根の一部の部分塗装をしました。なんとか見られるようにはなりましたが、他との兼ね合いもありますので、どうなることやら、この先、心配の種です。

模型基地

何でもお気軽にお問い合わせください

模型基地

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 道楽親父の秘密基地 All Rights Reserved.