不肖 藁科豊(わらしなゆたか)の"お気楽隠居生活"を面白・可笑しく、そして悲しく・侘しく綴る BLOG をどうぞ …

Ferrari Dino 246GT

フジミ 1/24 ディノ246GT 前期型 イエロー

フェラーリ ディーノ 246 GT ティーポL 1970 ( Ferrari Dino 246 GT Tipo-L 1970 )

イタリアの名門ブランド、フェラーリの ディーノ 246GT です。ディーノ 206/246 は、フェラーリが、製造した初のミッドシップ2座席スポーツカー。

しばしば、「フェラーリ・ディーノ」と呼ばれ、フェラーリのエンブレムを付けている車も多いですが、本来、ディーノはフェラーリとは別ブランドとされています。
フェラーリ唯一のV型6気筒エンジン搭載市販車であり、現代V8フェラーリの始祖的存在です。

フェラーリ ディーノは、フェラーリの創業者エンツォ・フェラーリの長男で、1956年に夭折したアルフレード・フェラーリ(愛称:ディーノ)が病床でアイデアを出したとされる65度V型6気筒DOHCエンジンを持ち、V型12気筒の既存車種とも区別するため、新しく長男の名前でブランディングされたシリーズ。
1967年より製造された初期モデルが、ディーノ206GTです。
その後継及びパワーアップバージョンとして1969年から登場したのが、ディーノ246GTです。

246GTはスチール製ボディに鋳鉄製2.4リッターV6(195ps)を搭載。
軽量ボディと低い重心によって優れた操縦性を備えた、評価の高いモデルです。
今日掲載しているのは、1970年製の、ティーポLと言うタイプ。
246GTにはティーポL、M、Eがあります。

ティーポLは、1969年終盤から1970年を通して作られました。
ノックオフ式センタースピンナーを備えるホイールを履き、フロントのコーナーバンパーはグリル開口部に食い込んでおり、リアのライセンスプレート照明灯がコーナーバンパー端部に位置し、トランクリッドのレリーズボタンが外部にあり、ヘッドレストがリアバルクヘッドにマウントされていました。
ボディはスチール製ですが、フロントリッドはアルミ製です。

制作(塗料)の準備

模型が配送されていないのに、塗料の心配をしています。^o^:: これで塗料は”完璧”かな ?!?
窓枠の銀色のところはハセガワのフィルムシートで仕上げようかな ?!? … 高いんんですよね ! これが !!(セブ島の自宅には「金と銀」が有る。)

開封の儀

サフ吹きの前作業 … ヒケ消し

サフ吹きと隙間(フロント・アンダーゲート)埋めの作業 …

エンジンと足回りの仮組み

ボディの塗装

光り物(バンパーその他)の取り付け

何となく …

ほぼ … 出来た ! あとはトップコートを吹くだけですが、思いがけず ?!? 塗装が上手くいきましたので、今回は”アクリルトップコート”で仕上げてみたいと思います。

さあ、出来た ! トップコートを吹きましょう。

何でもお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Copyright © 道楽親父の秘密基地 All Rights Reserved.