不肖 藁科豊(わらしなゆたか)の"お気楽隠居生活"を面白・可笑しく、そして悲しく・侘しく綴る BLOG をどうぞ …

Ferrari Daytona Spider

Ferrari 365 GTB/4 Daytona Spider

Amazon 3,106円(送料込み)

Ferrari 365 GTB/4 Daytona Spider

365GTB/4は、イタリアのスポーツカーメーカー、フェラーリが1968年から1973年まで製造したグランツーリスモである。しばしばフェラーリ・デイトナとも呼ばれる。

解説

365GTB/4は1968年のパリ自動車ショーでデビューをした。「デイトナ」の愛称は1967年のデイトナ24時間レースでフェラーリのスポーツプロトタイプ・330P4と412Pが圧倒的な強さを誇り1-2-3フィニッシュを果たしてから自然発生的にそう呼ばれるようになったといわれる。

365GTB/4の365は当時のフェラーリの例に洩れず12気筒エンジンの単室容量、GTはグランツーリスモ、Bはベルリネッタ(クーペ)、4は4カムシャフト(DOHC)を意味する。

前身の275GTB/4のクラシカルな美しさとは対照的な、1970年代的なダイナミックな新しさを持ちながら破綻のないピニンファリーナのレオナルド・フィオラヴァンティによるスタイリング、新設計のシリンダーブロックを持つV12・6ウェーバーキャブレターエンジンがもたらす最高速度 280km/h・0-60mph加速 5.4秒という当時世界最速水準の動力性能、1996年に550マラネロが登場するまでフェラーリのスーパースポーツ(ベルリネッタ)としては途絶えてしまうフロントエンジン・リアドライブレイアウトによる古典的で豪快な操縦性、1972年から1974年までル・マン24時間レースGTクラス3年連続クラス優勝、生産中止から6年後である1979年のデイトナ24時間レース2位入賞などの輝かしいレーシングヒストリーなど数々の魅力があり、自動車雑誌’Sports Car International’によって2004年には’Top sports car of the 1970s’に選ばれており、’Motor Trend Classic’誌は ‘Greatest Ferraris of all time’の第二位に選んでいる。このため今日でも中古車は非常な高値で取引されている。 奇しくもランボルギーニのミウラシリーズと生産期間が重なり、スペックが(少なくとも公称値では)拮抗していることから、後のカウンタックと365GT4の関係のようにミウラシリーズとライバル関係とされることもある。

初期型は透明なプレクシグラス(アクリル樹脂、商品名)内に4灯式ヘッドライトを備えていたが、米国の安全基準に合致させるため1970年リトラクタブル式に変更された。1,406台のGTB/4が生産されたが、158台が右ハンドル、122台がスパイダー(365GTS/4右ハンドルは7台)であったが、後年になってクーペからスパイダーに改造された例も少なくない。

シボレー・コルベットをベースにしたレプリカ(スパイダー)がアメリカのマクバーニー(Mcburney)社などで作成された。他の車種をベースにした車両も見られる。このレプリカはテレビドラマ「マイアミ・バイス」の中でドン・ジョンソンが扮する”ソニー・クリケット”の愛車であった。

こんな感じかな ?!?

マイアミ・バイス仕様に近づけよう 〜 !!

ネットをしっかり検索してなかったのですが、この画像が「マイアミ・バイス仕様」のようですね。何とかこれに近づけて仕上げてみることにします。
フェラーリのホイール(リム)は「星型」なんですが、アメリカンではやっぱりバイス仕様のワイヤーホイールになるんですね。

何でもお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Copyright © 道楽親父の秘密基地 All Rights Reserved.