不肖 藁科豊(わらしなゆたか)の"お気楽隠居生活"を面白・可笑しく、そして悲しく・侘しく綴る BLOG をどうぞ …

MENU

Ferrari 250 GTO

Ferrari 250GTO

概要
世界スポーツカー選手権はスポーツプロトタイプの競争過熱を憂慮し、1962年から国際マニュファクチャラーズ選手権と改名した上で、量産車のGTカークラスにチャンピオンシップがかけられるようになった。フェラーリはこれを制するため、先代の250GTベルリネッタSWBの空力的弱点を改良した250GTOを投入した。

“250”は250cc×12気筒=3,000ccエンジン(実際には2,953cc)を示す。”GTO”はGran Turismo Omologato(グラン・ツーリスモ・オモロガート)の頭文字で、GT選手権用として公認(ホモロゲーション)を取得したモデルという意味である。

実際にはいくつかのエンジンバリエーション違いを含め39台が作られたに留まり、「連続した12か月に100台以上生産」というGT選手権参戦基準(ホモロゲーション)を受けるにはほど遠かった。しかしフェラーリ側はSWBのバリエーションと説明し、SWBの生産台数230台とあわせて100台を超えていると主張した。

当時のGTレギュレーションでは、ホモロゲーションを受けるにはボディ形状は決まっておらず自由とされており、たとえ1台ずつ形状が違っていてもルール違反にはならなかった。SWBにはオールアルミボディ、6連キャブレター、5速ミッションなどのオプションが巧みに設定されていたため、フェラーリ側からの申し入れが認められ、GTOはホモロゲーションを取ることに成功した。

フジミ模型 1/24 RS-35 フェラーリ250GTO

商品の説明
1961年、39台しか生産されなかったFR2シーター、エンジンモデル付き、パイプフレームシャーシ再現!

製作サイトのご紹介

このモデルを製作するにあたって、ネットであれこれ調べていたら「素晴らしいサイト」を見つけましたので、私のところでは表現仕切れないようなものを製作したい人のために、ここでご紹介したいと思います。

LITTLEWHEEL Modeler’s Diary
http://blog.goo.ne.jp/kitazawa1961/e/211d947c98d3f0314f729786a49be0e3
モデルフィニッシャー北澤志朗が、カーモデル作りに明け暮れる日々の暮らしを赤裸々に綴ります。

兎に角、非常に素晴らしいサイトですので、騙されたと思って一度ご覧ください。私も参考にさせていただきながら製作していきたいと思います。

開封の儀

部品の切り出し作業

ヒケ消し作業


400、600、1000、1500、3000番でただひたすらに磨きます !

サフ吹き作業

エンジン、足回り、シャシと室内の塗装と組み込み

ボディの塗装です … 赤か ? 白か ?

赤 … フェラーリと言えば定番は”イタリアンレッド”、”モンザレッド”なんですが、それじゃあ面白くないと考えるのが「道楽親父」 … 白にしてイタリアン・カラー(赤・白・緑)のストライプでも配してみたくなるんですね !


「車番」のデカールは有るんですが、いずれも「黒」なんですが、それにストライプのデカールなど有るわけもなく(自作はしません !!)、当然塗装ということになりますが、果たしてどうなることか … 仕上がりはもう暫く掛かるでしょうかね。

とりあえず … “白”でいってみるわ !

下地(1回目)塗装

“白”の塗装は私には難しいんですよね … 1回目はこんなところかな ? と、変に納得してしまっている。さあ、2回目の塗装だ !!

2回めの塗装 … 斑は消えたか ?!?

白の塗装終了

青のストライプを入れてみました … この周りに細いストライプがまだ入ります。

やっぱり”赤”か〜あ !

フェラーリは赤 … 特にオールド・フェラーリには”赤”ですね。兎に角。今日のお仕事は徒労に終わってしまった感じですが、”試行錯誤”と”創意工夫”がモットーですので、何回もやり直しをします。

赤塗装の下地つくり作業

余った塗料で下地を作ろうと思ったら何か混じり物が有って、汚くなっちゃいました。乾くのを待って磨いて磨いて … もう一度下地を塗ります。

“モンザレッド”に塗装し直した 250GTO

“オールド・フェラーリはやっぱり赤だ ! “に激しく納得 !!

小物部品の取り付け

明日は数少ないデカール貼りと窓枠にハセガワの銀のフィルムシートを貼ることにします。トップコート吹きの後の作業がしやすいように、ドアノブや細かな部品は後付になります。

小物取り付けとデカール貼り

車横下部に有るジャッキの穴とナンバー灯は「虫ピンの頭」をカットして付けてあります。窓枠は定番のハセガワのフィルムで仕上げてあります。

最後の画像は「お道具の紹介」です。

あと、もう少し … ふっ !!

“ほぼ完 !” の 250GTO

模型基地

何でもお気軽にお問い合わせください

模型基地

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 道楽親父の秘密基地 All Rights Reserved.