不肖 藁科豊(わらしなゆたか)の"お気楽隠居生活"を面白・可笑しく、そして悲しく・侘しく綴る BLOG をどうぞ …

FZR750 TECH21

YAMAHA FZR750 TECH21

フジミ模型 1/12 BIKEシリーズ No.5 ヤマハFZR750 85年式 ShiseidoTECH21レーシングチーム

21 (ツーワン) パープル 塗料 フィニッシャーズ フィニッシャーズ 塗料 No.07449
ジェネシスブルー 塗料 フィニッシャーズ フィニッシャーズ 塗料 No.07450

製作参考画像

開封の儀

フジミさんはフィニッシャーズと何か関係があるのか ?、TECH21 カラーの説明書が同封されています。

タミヤの1/12は何台か作りましたが、フジミ製品は初めてです … 組み込みに際して不具合など無いことを願います。

切り出し・ヒケ取り

今回は10月に帰国後制作(’74 トランザム、’59 キャディラック)となりますので、部品の切り出しとヒケ取りをしておきます。

製作アイディア その1

カウルとタンクダクトの取り付け … これはガンプラを作っていた当時に用意した”ネオジューム磁石”の残りがたくさんありましたので、”再利用”ではありませんが使ってみます。このアイディアはこれからの模型作りに何回も登場しそうですね。

このアイディアはネットからのパクリですが、陳列しておく際にはカウルをつけたままになってしまうため、取り外しができるということは”内部構造”を垣間見ることができ作品をより実写に近い形で陳列できると思います。内部が見えるということから、”カラーリング”・”パイピング”なども忠実(色・形状)に再現していきたいと考えています。(これからのバイク製作では出来るだけこの方法で、制作をしたいと思います。)

RACERS volume9 (2011)

Amazon
価格:1,008円(送料無料)

今回は時間をかけて作りたいと考えて居ますので、モデルに対しての記事や実車に関する資料をできるだけ集めながら、かなり質の高いページを作りたいと思います。
もちろんモデル自体の出来上がりも良いものしたいと考えて居ます。

Vol.9 YAMAHA GENESIS かくしてTECH21チームは走り出した ――ヤマハ陣営、’85鈴鹿8耐本番前の舞台裏 夏の青い影’85 ――ケニー・ロバーツと平 忠彦、そして0W74の鈴鹿8時間 ヤマハ4ストロークレーシングの胎動 ――YZR1000から、7バルブGP500エンジン、そしてFZR750まで ’86 DAYTONA 200 ――エディ・ローソンとFZ750と若き挑戦者たちのクロスロード 「情熱は、ゴロワーズブルーに染まって。」 ――ソノートが0W74で奏でた24時間耐久賛歌 and more. デビューからわずか4ヶ月 大一番は待ったなしでやってきた ヤマハの戦略はオーソドックスだった。ピットストップは7回。タイヤ交換はリヤが毎回、フロントが2回に1回。平均ラップタイムは2分25秒。初回スティントのみ21周で、残りは25周ずつ。優勝想定回数は196周。25周を24リットル弱で走ればいいから燃費は問題なし。それでもロバーツの燃費はさすがによかった。 美しいものは速いという哲学 ボルドール杯をこの手に――― ソノートがOW74で奏でた24時間耐久讃歌 8耐を闘ったOW74は、その1ヶ月半後 TECH21カラーからゴロワーズカラーに塗り替えられ 南仏ポールリカールに送り込まれた それは、ソノートに集うフランス男たちの 24時間耐久レースに注ぐ意地と情熱の発露だった。

TECH21 YAMAHA FZR750 製作記

D-style製作記 FZR750’85 TECH21
MAX MOTO Modelling
くろすぴーのブログ
チビラの模型製作記

1985 YAMAHA FZR750 SUZUKA 8h

まずはエンジンの組立

この後、プラグコードの配線をしてみたいと思いますが、適当なビニールパイプが見当たりませんので、明日ダイソーで物色することにします。(セブ島の自宅にはいっぱい有るんですがね ! ^o^;;)

ホイール塗装


ブレーキディスクに赤と青のお飾りを付けてみましたがどうでしょうか ?!?

余った塗料で …

フロントフェンダーとアンダーカウルをジニアス・ブルーで塗ってみました。しか〜し !! ちょっとと総面積が小さかったかな … 車体のジニアス・ブルーはデカールですることにします。

追加 …

車体の塗装

ボディの塗装とデカール貼り

一番の”肝”であるところの TECH21 デカールはアッパー・カウルとアンダー・カウルに跨ぐ格好になりますので、最終組み込みをしてからになるかな ?!? でもトップコートの後にデカールでは都合が悪いし … 悩むところです。

尚、アンダー・カウルはデカールではなく、”ジニアスブルー”で塗装しました。

模型基地

何でもお気軽にお問い合わせください

模型基地

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 道楽親父の秘密基地 All Rights Reserved.