道楽親父 2019年 "人生 … 旅的途上" 祖国日本、南国フィリピン、嫁と暮らすセブ島

DOUGLAS DAKOTA Mk.Ⅲ

エアフィックス 1/72 イギリス空軍 ダグラス ダコタ Mk.3 プラモデル X-8015A

ダグラス DC-3(ダグラス ディーシースリー、Douglas DC-3)は、アメリカ合衆国の航空機メーカーであるダグラス・エアクラフト社(現ボーイング社)が開発した双発のプロペラ旅客機・輸送機である。1936年運用開始。アメリカ軍用輸送機としての制式名称「C-47 スカイトレイン」(C-47 Skytrain)、イギリス軍用輸送機としての名称「ダコタ」(Dakota)でも知られる。

コクピットと客席の電飾計画

このモデルは基本的には戦時モデルですが、 DC-3が大好きな道楽親父は”デイゴスティーニ”の1/32(100.000円超)は購入できませんので、このようなモデルで”御茶を濁す”ようなことをします。必要な電飾用品(LED、ファイバー、など)は昔「ガンダム(デンドロビーム)電飾計画」で使ったものが何処かにあるはずですから、新たに購入しなくても良いはずです。

やはりこの 1/72 モデルは「軍用仕様」で座席は旅客機のようにはなっていませんでした。機体には窓がいくつもついているので、電飾できないことはありません。

何とか旅客機みたいにしたいので、ネットにあるかどうかはわかりませんが、日本航空の「鶴のマーク」のデカール … 何かを探してみようかと思います。 … 適当なものがなければ、面倒ですが垂直尾翼の鶴のマーク(2枚)だけですから、自分で作っちゃいますかね。

この1955〜1965年の「日本国内航空仕様」であれば「鶴マーク」は必要ありませんが … 日本航空が「鶴マーク」を使い出したのは DC-8 からかも知れませんなあ ?!?

金星号

日本航空のフィリピンからのチャーター便「金星号」の垂直尾翼にはフィリピン国旗が …


日本でも1951年にGHQによる航空全面禁止が解かれて日本航空が誕生し、フィリピン航空からチャーターしたDC-3「金星号」が招待フライトに使用された。しかしながら正式購入には至らず、ノースウエスト航空のマーチン202による委託運航を経て、自社運航はより大型のDC-4が選ばれた。1955年に北日本航空(後の日本国内航空(JDA)、現JAL)が日本で初めてDC-3を自社導入した。ハワイアン航空で運航されていた2機は塗装をそのままにロゴだけ変更して活躍していた。

製作参考動画 トランペッター 1/48 電飾その他


* トランペッターの 1/48 モデルは非常に高価ですからとても手が出ませんので、エアフィックスの 1/72 を使ってどこまで近づけるかと言ったところでしょうね。
* 「開封の儀」の後にコクピット、客席、翼端灯の位置などを確認後、電飾計画を立ててみたいと思いますが、1/48ではなく1/72ですからどこまでできるか問題ですね。

Amazon 購入 2019/08/28

開封の儀

* 梱包してある箱の大きいことときたら … 経費の無駄みたいですね。

JAL 金星号の再現は …

はがきサイズの A-One の用紙とプリンターのインクの購入を考えると、すごく高くなっちゃいますねえ ?!? USBメモリーにデーターを入れて、セブンイレブンのプリンターで印刷すれば安上がりでできますが、プリンターはインクジェット式かトナー式かどうかでど左右(可能不可能)されます。問題ですね !!

雰囲気だけでも … 金星号の機体塗り分け(マスキング)

機体の塗装 … 紺

機体の塗装 … 赤・白

赤ストライプ


屋根(垂直尾翼)を白く、境目に白のストライプ … 窓(クリヤーパーツ)を取り付け

さあ〜 最後のマスキングで機体(胴体部)の塗装はこれで …

機体塗装(白の部分)

最終仕上げまで、もうちょっと …

完成の図

* トップコートの処理はまだです。

道楽親父の隠し部屋

道楽親父の隠し部屋

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 道楽親父 All Rights Reserved.