道楽親父 2019年 "人生 … 旅的途上" 祖国日本、南国フィリピン、嫁と暮らすセブ島

Williams FW-13B RENAULT

タミヤ 1/20 ウィリアムズ FW13B ルノー

ヤフオク落札品
2.000円(送料:840円)
総額2.840円 … ハセガワからはもっと安く出ていました・ー

ヤフオク落札品
2.000円(送料:840円)
総額2.840円 … ハセガワからはもっと安く出ていました。

落札商品

このモデルはタミヤから発売された。1990年代前半の”ビンテージ・モデル”でございます。箱は見ばみ、デカールは生きているかどうかわからないもですですが、頑張って作りたいと思います。


* 別売りのデカール … 探してみましたがありませんでした。

タミヤ 1/20 ウィリアムズ FW13B ルノー & リカルド・パトレーゼ/1990

【ウィリアムズ FW13B ルノー & リカルド・パトレーゼ/1990 】
デザイナー: パトリック・ヘッド、エンリケ・スカラブローニ
先代: FW13(1989 第13戦ポルトガルGP~)
後継: FW14(1991)
エンジン: ルノー RS2, 67度 V10, NA, 3493cc
ドライバー: 5.ティエリー・ブーツェン、6.リカルド・パトレーゼ
コンストラクターズランキング: 4位(1位 マクラーレン MP4/5B)

1990年のF1グランプリ開幕戦、アメリカGPにデビューしたウィリアムズチームのニューマシンがFW13Bである。1989年の最終戦となった、雨のオーストラリアGPで、T・ブーツェンのドライブにより見事に優勝したFW13を大幅に改良したのがこのマシンである。まずルノー製のV型10気筒エンジンはRS1からRS2に進化。カムシャフトの駆動をコックドベルトからギヤーに変更するなどの改良により、いっそう軽量でコンパクトな高性能エンジンに仕上がっている。これに、空力的にも有利な横置きタイプのトランスミッションが組み合わされている。また、エンジンのパワーアップに伴う熱の問題を解決するために、ラジエターダクトを伸ばして冷却効果をアップ。ダクトをカバーするサイドポンツーンがコクピット前まで伸ばされている。ノーズが急角度で立ち上がる独特なフロントフォルムを持ったスタイルは、B仕様になっていっそうその角度が急になった。これは、サスペンションを効果的に作動させるために、ドライバーの爪先の上のスペースにコイルダンパーユニットをほぼ垂直に配置したためである。

製作参考画像

ボディー塗装の下準備(マスキング) … 黄色の部分の塗装

ボディーの塗装とエンジン、足回りの部品

トップコート吹きをします。

“テッカテカ” … “艶々”でっせ〜え ! 😍😍

“道楽”ギャラリー

PAGETOP
Copyright © 道楽親父 All Rights Reserved.