道楽親父 2019年 "人生 … 旅的途上" 祖国日本、南国フィリピン、嫁と暮らすセブ島

RC213V #93 2021/02

1/12 TAMIYA HONDA RC213V REPSOL #93 Marc Marquez

名称 RC213V
全長 2,052mm
全幅 645mm
全高 1,110mm
ホイールベース 1,435mm
最低地上高 115mm
車両重量 160kg以上
エンジン種類 水冷4ストローク DOHC4バルブ V4
排気量 1,000cc
最高出力 175kW以上
燃料タンク容量 20リットル
タイヤ BRIDGESTONE
(前) 16.5インチ
(後) 16.5インチ
サスペンション ÖHLINS
(前) テレスコピック式
(後) プロリンク
フレーム形式 アルミニウム ツインチューブ

Marc Marquez
プロフィール
氏名 マルク・マルケス
ゼッケン #93
誕生日 1993.2.17
国籍 スペイン
身長 168cm
体重 59kg
ブログ http://blogs.repsol.com/web/
competition/marc_marquez
主な戦績
2008 世界選手権デビュー
世界選手権 125cc  13位
2009 世界選手権 125cc  8位
2010 世界選手権 125cc  チャンピオン
2011 世界選手権 Moto2  2位
2012 世界選手権 Moto2  チャンピオン
2013 世界選手権 MotoGP チャンピオン
5歳のときからオートバイに乗り始め、2001年には8歳でカタルーニャ州のエンデューロ選手権でジュニアクラスのチャンピオンを獲得。

翌02年からはロードレースに転向して、06年にはスペイン国内選手権(CEV)125ccクラスで総合8位、翌07年には総合9位を記録しました。翌08年からはロードレース世界選手権(MotoGP)125ccクラスに参戦し、10年にはチャンピオンを獲得しました。

11年からMoto2クラスにステップアップすると、第4戦フランスGPで18歳と87日で初優勝を飾り、それまでダニ・ペドロサが持っていた史上最年少優勝記録を更新。11年はケガのため最終戦を欠場しましたが、シリーズ7勝を挙げて総合2位を獲得しました。

ケガから回復した翌12年もMoto2を走り、開幕戦から圧倒的な強さをみせつけました。最終戦バレンシアGPでは最後尾から猛烈に追い上げて全車をパスして優勝を飾るなど、全17戦中9勝を挙げ、シリーズチャンピオンに輝きました。

13年シーズンからは、シーズン途中で引退を発表したケーシー・ストーナーに代わって、Repsol Honda TeamからMotoGPクラスに参戦。開幕戦カタールGPで早くも3位表彰台に立つと、第2戦アメリカズGPで初優勝を飾り、最高峰クラス最年少優勝記録を更新しました。その後も勢いはとどまらず、ルーキーながら全18戦中6勝を挙げて、史上最年少チャンピオンに輝きました。

14年は2年連続チャンピオンに向けて、さらなる活躍を誓います。

もう何台目になるでしょうか ?!? タミヤの HONDA RC213C REPSOL仕様 #93 を作っています。

* といってもいつから製作するのかは、まだ未定でございます。
* 勿論、作品はヤフオクへの出品を前提に作りますので、出来るだけ丁寧に正確に”綺麗”に作ろうと思います。制作過程の動画は無理ですが、「画像アルバム」それなりに作って閲覧者の方にも楽しんでもらおうと思って居ます。

製作参考動画

* 今回は出来るだけこの動画に近づけて制作していきたいと思います。

“道楽”ギャラリー

PAGETOP
Copyright © 道楽親父 All Rights Reserved.