道楽親父 2019年 "人生 … 旅的途上" 祖国日本、南国フィリピン、嫁と暮らすセブ島

RC211V #74

テレフォニカ・モビスター・ホンダ/ホンダRC211V

加藤大治郎(かとう だいじろう、1976年7月4日 – 2003年4月20日)は、埼玉県浦和市(現さいたま市)出身のオートバイロードレースレーサー。血液型A型。
2003年
4月6日 鈴鹿サーキットにて開催された第1戦日本GP決勝レース中、3周目にシケイン入り口で事故。シケイン手前左側防護体に衝突し、意識不明のままヘリコプターにより病院へ搬送される。以降、危険とされる事故後48時間を経過し、容態安定。
4月19日 午後に容態悪化。
4月20日 0時42分に三重県立総合医療センターにて脳幹梗塞のため死去。
10月 MotoGP殿堂入り。日本人初、史上16人目。使用していたゼッケンNo.74が永久欠番に。

タミヤ 1/24 HONDA RC211V ’03


* Amazon にもヤフオクにも加藤大治郎のテレフォーヌモデルがありませんでしたので、同じ2003年の RC211V をヤフオクで手に入れました。

製作参考サイト

タミヤ YAMAHA YZR-M1

“道楽”ギャラリー

PAGETOP
Copyright © 道楽親父 All Rights Reserved.