道楽親父 2019年 "人生 … 旅的途上" 祖国日本、南国フィリピン、嫁と暮らすセブ島

Effects Pedal

<4>Effects pedal

BOSS ( ボス ) / BCB-60

エフェクターは、日本では何らかの効果(エフェクト)(英: Effect)を与えるもの、ここでは特に音響効果を与える目的で使用される機器のことを指す。EFXとも略される。和製英語であり、英語では(effects unit (pedal))エフェクツユニット、エフェクツペダル、俗称ではストンプボックス(stomp box)などと呼ばれている。

電気楽器や電子楽器など電気信号に変換された音、あるいはマイクロフォン(マイク)で集音された音声に対して、スピーカーまたは録音媒体に至るまでの途中に挿入して一定の効果を与え、さまざまな音に変化させる。

「効果音」もエフェクトの一種であるが、効果音を作り出す機器はエフェクターとは区別されている。

道楽親父所有のボード

道楽親父のセット

◾️ BCB-60 ペダルボックス
BCB-60は、エフェクター固定用としてホールディング・パッドを採用しています。3枚のパッドを装着することができ、1枚のパッドにはコンパクト・シリーズであれば2台、ツイン・ペダル・シリーズであれば1台をセッティングできます。また、切れ目の入っていないホールディング・パッドも付属しているため、コンパクト/ツイン・ペダル・シリーズ以外のエフェクターも自在に組み合わせることが可能。さらに、一番右側のパッド上部のワイヤー・ホルダーを取り外すことにより、ワウ・ペダルを装着することもできます。

BCB-60は、消費電力の大きなデジタル・エフェクターにも安定した電源供給が可能な1000mAの大容量AC電源を搭載しています。この大容量AC電源により、例えば、コンパクト・シリーズ×6台+チューナーTUシリーズの最大計7台までの電源供給が可能です。またBCB-60のワイヤー・ホルダーは、DCケーブルや、L-Lケーブルを収納することが可能。サイズや接続端子の位置が異なるエフェクターでもすっきりとセッティングできます。

◾️ デジタル リバーブ
スタジオ機に匹敵する高音質設計モデリングによるスプリング・リバーブを搭載◆スタジオ機に匹敵する高音質設計RV-5は、スタジオ機のクオリティを凝縮した高品質コンパクト・リバーブです。コンパクト・シリーズならではの使いやすさ/セッティングのしやすさと、ラック・マウント型をはじめとするスタジオ機のクオリティを両立させています。また、2イン2アウトのステレオ仕様で、立体感のあるリバーブ・サウンドを実現。さらにDD-7同様、出力切換機能を備え、例えばINPUT Bのみに接続すればエフェクト音のみを得ることができるので、ギター・アンプやミキサーのエフェクト・センド/リターンで使用することも可能です。◆モデリングによるスプリング・リバーブを搭載RV-5は、PLATE、HALL、ROOMなど、リバーブの定番モードに加え、SPRING、GATE、MODULATEの全6モードを装備。新たなエフェクトでサウンドづくりの幅を大きく広げます。ギターと相性のよいリバーブとして、高級ギター・アンプで人気の本格スプリング・リバーブを、モデリングにより忠実に再現。2本のスプリングが干渉し合うことによって起きるスプリング・リバーブ独特のサウンドを再現します。モジュレートは、ホールの残響に揺らぎを与えることによって、心地よく、よりいっそう広がりのあるサウンド空間がつくり出せるモードです。コーラスやピッチ・シフトによるデチューンとは、ひと味違った厚みと広がりが得られ、特にステレオ出力時には効果的です。新開発のゲート・リバーブは、リバーブの残響音を凝縮した特殊な効果が得られます。

◾️ デジタル ディレイ
DD-7は、最新のパワフルなDSPを使用することにより、スタジオ・クオリティの音質を実現し、最大6.4秒のロング・ディレイ、40秒ものホールド機能を実現した最新のデジタル・ディレイです。壮大なディレイ・サウンドによる、迫力の演奏が楽しめます。

DD-7は、50ms、200ms、800ms、3200msという通常のディレイのほかにも、さまざまなディレイ・サウンドを創り出す多彩なモードを搭載しています
アナログ・モードでは、現在でも人気の高い往年の名機DM-2の特性をモデリング。アナログ・ディレイならではの温かみのあるサウンドを表現することが可能です。
モジュレーション・モードでは、エフェクト音に独特の揺らぎをプラス。ディレイ・タイムを周期的に変化させることによるコーラス効果で、心地よいサウンドをつくることができます。
さらに逆再生サウンドが得られる「リバース」や、サウンド・オン・サウンドによるループ・プレイが可能な「ホールド」も搭載。「ディレイ音を加える」というディレイ本来の基本機能を超えた個性豊かなサウンドが作成できるため、より効果的なギター・ソロ演出やステージ・パフォーマンスを可能にします。
またDD-7はモノラル入力の場合、INPUT A/B、OUTPUT A/B の接続方法によって、パンニング・ディレイや、エフェクト音とダイレクト音、ロングなど多彩な効果を得られます。センド/リーターンへの接続を想定したエフェクト音のみの出力にも対応しています。
さらに、DD-7は2イン/2アウトの完全ステレオ仕様。ステレオ入出力の場合、A/B完全独立のディレイとしての使用だけでなく、ステレオのパンニング・ディレイや残響音に空間的な広がりを持たせたステレオ・ディレイなど、多彩な効果をセレクトすることが可能です。

DD-7は、本体ペダルによるテンポ入力モードを搭載。本体ペダルを2秒間踏み続けることで、テンポ入力モードに切り替わります。モード・ツマミと本体ペダルによるタップ・テンポ入力の組み合わせで4分音符、3連、付点8分音符といったテンポにあわせたディレイ・タイム設定が簡単に行えます。
また、外部ペダル(FS-5U)をTEMPO/EXPジャックに接続することでもタップ・テンポ入力が可能。エフェクトのON/OFFとは別に独立した操作が行えます。
さらに、TEMPO/EXPジャックへ、 エクスプレッション・ペダル(FV-500シリーズやEV-5)を接続することも可能。この場合、エフェクト・レベルやフィードバック、ディレイタイムのパラメーターをリアルタイムにペダル操作をすることができます。

◾️ コーラス
1976年にBOSSが世界で初めて発表したコーラス・エフェクト・ペダルCE-1。そのコーラス・サウンドを、多くのギタリストからの要望に応えてコンパクト・ペダル・ボディに詰め込んだCE-1。心地よくマイルドな揺れを生み出す独特のコーラス・サウンドは、40年を経た今でも、第一線で活躍するプレーヤー達に愛され続けています。BOSSの第1号機でもあるCE-1誕生から40周年となる2016年、オリジナルのコーラスが「技 WAZA CRAFT」で甦ります。STANDARDモードではCE-2のコーラス・サウンドを再現。

◾️ アコスティック シュミレーター
AC-3は、接続したエレキ・ギターのサウンドをモデリングにより美しいアコースティック・ギターのサウンドへと変化させるアコースティック・シミュレーターです。ギターを持ち換えることなくエレクトリック/アコースティック・ギターのサウンドを使い分けることができ、ライブ・ステージなどでは絶大な威力を発揮します。また、アコースティック・ギター・サウンドに最適化された高品位リバーブも内蔵。豊かな音の広がりと奥行きを表現できます。

AC-3は、モード・スイッチにより4種類のアコースティック・ギター・サウンドを選ぶことができます。定番ともいえるドレッドノート・タイプのSTANDARD、大きなボディで豊かな低音域と美しい高音域に特徴があるJUMBO、アタック感を強調することによってバンド・アンサンブルのなかでも他の楽器に埋もれない存在感を主張できるENHANCE、そして、ラウンド・バック構造でピエゾ・ピックアップによるサウンドが特徴的なPIEZOで、好みのアコースティック・ギター・サウンドを手に入れることができます。
また、ボディの胴鳴りをコントロールするBODYつまみと、アタック感や倍音成分をコントロールするTOPつまみにより、好みのサウンド・キャラクターに調整できます。

◾️ ブルース ドライバー
もはやギタリストの間では説明不要なぐらい名機かもしれませんが、やっぱりコイツの魅力は語っていきたい。たぶんBOSS製のエフェクターでBOSS…もといRoland社の売上に絶対貢献してる商品ベスト5に入るぐらい売れてる人気商品です。軽く歪ませてのカッティングサウンドは他のBOSSのオーバードライブシリーズとは群を抜いて良い音だしてくれます。

このエフェクターの良い所はgainの幅の広さ!!フルテンで歪ませればオーバードライブにしては結構歪んでくれるのでリードギターのフレーズでも問題なく使えちゃいます。あと何気にBOSS製のエフェクターの良い所はペダル式になってるのがいいんですよね。

ライブ中だと思わずガチャッ!!とまるでウルトラマンの怪獣かのごとく力強く踏んでしまいがちですが、この幅の広さと頑丈さはそんな人間のキックに耐える十分な耐久力を持ってます。強く踏みすぎてBOSS製のエフェクターが壊れる瞬間があったら見たくなるぐらいですね。

その他にもGainを19時か20時の方向まで下げて、toneはお好み。んでもってレベルの数値を大き目にするとあら不思議…でもなんでもないんですがブースターの出来上がりです。さらにさらに玄人なギタリストならボリュームトーンを絞ってクリーントーンで弾きたくなるときがあるでしょう。このエフェクターは何とそこにもバッチリ対応してます。ある意味そこでBD-2の真の効果が発揮される部分かもしれません。

マジでこのエフェクターはお買い得ですね。というか持ってて絶対損しません。エフェクターのいろはも知らないビギナーギタリストにもオススメです。

◾️ スーパー シフター
PS-6は、最新のテクノロジーを駆使したピッチ・シフトとハーモニーをギター・サウンドにプラスするコンパクト・エフェクター。4つのつまみとぺダルをコントロールするだけの直感的なイージー・オペレーションで、さまざまなピッチ処理を行うことができます。
PS-6では、高性能DSP採用により処理能力が飛躍的に向上。ピッチ変換時の音質も従来モデルに比べて大きく改善されました。通常のギター・マルチ・エフェクターでは表現が難しかった、専用機ならではのアグレッシブなピッチ・コントロールを可能にします。
PS-6は、アームの付いていないギターでもペダル操作で簡単にベンディングを行うことができるので、より豊かな演奏表現をサウンドに与えることができます。もちろんエフェクト・バランスは調整することができるので、ダイレクト音と合わせた美しいオクターブ・サウンドなどを生み出すことも可能です。

PS-6は、処理能力の向上によりハーモニー機能も2声から3声に強化。厚みのある3声和音によるメロディアスなギター・ソロや、より重厚感のあるリフなどを演奏することができます。
3声ハーモニーは、実際に弾いたダイレクト音に、3度と5度など、2声を加えることが可能。12段階の細かなキー指定はもちろん、メジャー・キー/マイナー・キーの選択もできるので、キーに応じた最適な和音で演奏することが可能です。また、ステレオ接続時には、左右に異なるハーモニーが加わるので、より広がりのあるステレオ・サウンドが得られます。
バンドにひとりしかギタリストがいない場合でも、PS-6で適切なハーモニーを加えることにより、バンド・サウンドに厚みを持たせ、より華やかなアンサンブルが演出可能になります。

◾️ チューナー
TU-12EXは、信頼のボス・チューナーの代名詞であるTU-12の優れたユーザー・インターフェースを継承。視認性に優れたLEDチューニング・ガイドと追従性の高い検針メーターにより、精度の高い安定したチューニング作業をスピーディに行うことができます。
また、チューニングの範囲を大幅に拡張。周囲音の影響を受けにくい高性能マイクも内蔵しているので、ギター/ベース以外にも幅広い楽器で使用することができます。
TU-12EXは、半音階単位で確認できるオート・クロマチック・モードと、弦番号で確認できるギター/ベース・モードの2モードで動作。ギター/ベース・モードでは、7弦ギターにも対応することが可能です。
さらに、フラット・チューニングにも対応。6半音下げまで対応できるので、ワイドでヘビーなチューニングを行うこともできます。

* 以前持っていたダブルペタルシリーズ

 

PAGETOP
Copyright © 道楽親父 All Rights Reserved.