道楽親父 2019年 "人生 … 旅的途上" 祖国日本、南国フィリピン、嫁と暮らすセブ島

製作記 6

Revell 1/24 Ford GT Le Mans 2017 製作記 6


本塗装を済ませたボディーの乾燥を待って、トップコートを2回塗りしてデカールを貼り、仕上げのトップコート(3〜5回)をします。

さあ、作業も佳境に入ってきて、本塗装の前に白のストライプを施します。
デカールをそのまま貼ると「青や赤の下地」が透けちゃいますので、白の塗装としましたので、そのマスキング作業です。

* これからの作業は塗装とマスキングの順番を考えながら決めていかないと、作業が2度、三度手間になってしまいますので「試行錯誤・創意工夫」の出番ですね。

ボディーが、ほとんどマスキングテープだらけですね。17:30 … もう薄暗くなっちゃいましたので、赤の塗装は明日にします ! 「明日、天気にな〜あれ !」😀😀

夕食後、あまりに暇でしたので(いつものこと…)風呂前にボディーの、赤い部分を塗装しました。思ってよりも暗いかな??

* 乾燥したら、磨きをしてトップコートを吹きますが、白ストライプと赤のボディーの段差ができちゃいましたので、少し削って段差をなくしてからトップコートで屋根の部分は塗装終了とします。
その後コンパウンドか8000〜10000番で研きをします。(”トップコートの研ぎ出し”ってことです。)

取り敢えずは … 塗り分け完了

* 塗装前から懸念されていたことですが、マスキングをしっかりしたつもりでも、小さな吹き込み(吹き出し)が少しありますので、コンパウンドで消すか、ナイフで削って整えます。(そのために何回もトップコートを吹いてきましたので、その成果が出ますか ?!?)
* しっかり乾燥しましたら、マスキングの段差をペーパーがけでなくしてから、最終的にトップコートを前にデカール類を貼り付ける作業をします。

デカール貼り

デカール貼りは大方終わりましたが、道楽親父のことですからきっと貼り忘れの一つや二つは …

* フロントのディフーザーとピラー、リアエンジンダクトを黒のエナメルで手で塗り(手塗り)ます。
* リアウイングの塗装とデカールも残ってますね。
* 作業はまだまだ続きます !!

水研ぎ前のトップコートまで …

* 最終のトップコートを前に、今日はここまで…リアウイング、ライト類も残っています!

道楽親父の隠し部屋

道楽親父の隠し部屋

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 道楽親父 All Rights Reserved.