道楽親父 2019年 "人生 … 旅的途上" 祖国日本、南国フィリピン、嫁と暮らすセブ島

1956 Chevy Bel Air

1956 Chevy Bel Air

シボレー・ベル・エアー

初代(1953-1957)

第1世代
1953年、ベル・エアーが上級シリーズとしてデビューし、2つの下級シリーズ150と210が登場した。1955年、シボレーはV8エンジンをオプションに組み入れた。1955年シボレーのフルサイズ・モデルがモデルチェンジを受け、エンスージアストから「ホット・ワン」と呼ばれるようになった。

フォードやプリムスとは異なり、シボレーのデザインは洗練されていると捉えられた。ベル・エアーは、インテリア・カーペット、ハードトップのクロームのヘッドライナー・バンド、フロント・フェンダーの突き出し、クロームの窓枠、フルカバーのホイールが特徴となっていた。

1955年、1956年、特に1957年のベル・エアーは、いつの時代を通じても、最もアメリカ車らしい1台であり、継続してエンスージアストの間で人気が高い。十分な空間、高燃費など、この後の20年間、デトロイトで製造されたオーバーサイズでオーバーに飾り付けられたフルサイズ・モデルよりも上質であると、多くの人々に受け止められた。1955年から1957年、2ドア・ノマド・ステーションワゴンがベル・エアー・シリーズに加わった。

PAGETOP
Copyright © 道楽親父 All Rights Reserved.