道楽親父 2019年 "人生 … 旅的途上" 祖国日本、南国フィリピン、嫁と暮らすセブ島

92′ スーパーデルタ

ハセガワ 1/24 ランチァ スーパーデルタ 1992 WRCメイクスチャンピオン

1/24スケールプラスチックモデル。パーツ点数129。模型全長160mm。
世界ラリー選手権 (WRC)が、グループAマシンで争われる様になった1987年から1991年まで、5年連続メイクス・タイトルを獲得し続けたランチアは、デルタ・インテグラーレ16Vに、大幅な改良を加えたモデル、デルタ・HFインテグラーレをデビューさせました。
1992年のWRCで、再びチャンピオンを狙うランチアは、デビュー戦のモンテカルロで、デルタ5度目の開幕戦優勝を果たしました。
第5戦ツール・ド・コルスラリーでは、カーナンバー3を付けたターマックスペシャリストのデディエ・オリオール/ベルナール・オッセリ組がハイペースで終始トップを快走し、23SS (スペシャル・ステージ)中、18SSでベストタイムをマークするという驚異的な強さを発揮、5年間で4度目のツール・ド・コルス優勝を果たしました。
その後もランチアは、ライバルを寄せ付けず、1000湖ラリーで、1-2フィニッシュを果たし、1992年のメイクス・チャンピオンに輝き、6連覇という強さを誇ったのです。

世界ラリー選手権(WRC)が、グループA マシンで争われる様になった1987年から1991年まで、5年連続メイクス・タイトルを獲得し続けたランチアは、デルタ・インテグラーレ16Vに、大幅 な改良を加えたモデル、デルタ・HFインテグラーレをデビューさせました。1992年のWRCで、再びチャンピオンを狙うランチアは、デビュー戦のモンテ カルロで、デルタ5度目の開幕戦優勝を果たしました。第5戦ツール・ド・コルスラリーでは、カーナンバー3を付けたターマック スペシャリストのデディエ・オリオール/ベルナール・オッセリ組がハイペースで終始トップを快走し、23SS(スペシャル・ステージ)中、18SSでベス トタイムをマークするという驚異的な強さを発揮、5年間で4度目のツール・ド・コルス優勝を果たしました。その後もランチアは、ライバルを寄せ付けず、 1000湖ラリーで、1-2フィニッシュを果たし、1992年のメイクス・チャンピオンに輝き、6連覇という強さを誇ったのです。

道楽親父の隠し部屋

道楽親父の隠し部屋

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 道楽親父 All Rights Reserved.