Still On The Road

カルマンギア

カルマンギア

ドイツのコーチビルダーであるカルマンが企画し、イタリアのカロッツェリア・ギアの原デザインに基づいてボディを生産、これにフォルクスワーゲン量産車のコンポーネンツを組み合わせる合作により誕生した車で、ネーミングの由来もカロッツェリアとコーチビルダー両者の社名を組み合わせたものである。

タイプ1(ビートル)をベースとした「1200」(タイプ1、タイプ14とも。のち排気量拡大)が1955年7月に発表され、その後タイプ3をベースとした「1500」・「1600」(タイプ3、タイプ34とも)が1961年に発売された。クーペモデルをベースに、オープンボディとなるカブリオレモデルも製作されている。

YouTube 動画 01


YouTube 動画 02


模型の部屋

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 道楽親父 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.