Still On The Road

シルビア 1600 COUPE

シルビア 1600 COUPE

初代 CSP311型(1965年 – 1968年) 日産・シルビア(初代)

CSP311型
1stSilvia.jpg
1stSilviarear.jpg
販売期間 1965年 – 1968年
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン R型 直列4気筒 1.6L OHV
駆動方式 FR
最高出力 90ps/6,000rpm
変速機 4速MT
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーンコイル
後:半楕円リジッドリーフ
全長 3,985mm
全幅 1,510mm
全高 1,275mm
ホイールベース 2,280mm
車両重量 980kg
ブレーキ 前:ディスク
後:ドラム
最高速度 165km/h

-自動車のスペック表-

1964年(昭和39年)の第11回東京モーターショーに「ダットサン クーペ1500」として出品された後、1965年(昭和40年)4月発売。ダットサン・フェアレディ(SP310型)のシャーシにSUツインキャブ付R型1,600cc OHVエンジンを載せ、クーペボディを架装して作られた。同社の車種としては初採用のフロントディスクブレーキ、および4速フルシンクロのトランスミッション、クリスプカットと呼ばれた美しいデザイン(当時日産デザイン室に在籍した木村一男がドイツ人デザイナー、アルブレヒト・フォン・ゲルツによる助言を採り入れながらデザインしたもの)、継ぎ目を極力減らしたボディパネルなど意欲作であったが、美しいルックスには不釣合いなタフな乗り心地や相対的な割高感に加え、兄貴分のスカイラインやオープン版のフェアレディの影に隠れて商業的には成功したとは言えなかった。そのため、1968年(昭和43年)6月に554台のみで生産を終了、一旦は絶版となった。

この初代シルビアは、殿内製作所(現在の株式会社トノックス)にて製造された。

社団法人自動車技術会の「日本の自動車技術180選」に選出されている。また、トヨタ博物館の3階にも展示されている。

ヤフオク落札品

落札日:2018/11/03
落札価格:1,500円
送料:ゆうパック着払い(同梱包)
総額:
評価:時代ものを感じさせるものでした。

開封の儀

組み立て説明書に忠実に …

このモデルは古い歴史ある名車ですので、日産に敬意を表して組み立て説明書に沿って忠実(シンプル イズ ベスト)に作っていきます。私も”幼少の頃”一、二度現車を見て「格好良い車だなあ〜」という記憶がございます。

パーツ数も少ないので … あっという間に出来ちゃった !


* 画像は製作の順で掲載してあります。

完成の図

PAGETOP
Copyright © 道楽親父 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.